週刊新潮に布施返還訴訟の記事が出ています。

教団広報によると、裁判所が宗教行為に不当に介入した「違憲判決」らしいです。

納骨壇や永代供養に対価性がないと言うことであれば、千円でも一万円でも良いということになりますね。

でも幸福の科学では、各種祈願などにおいても「三万円以上目安」などと、金額をこと細かく設定しています。

お布施に最低金額を設定するなどと言う行為は、「三輪清浄」とは程遠く、まさに堕地獄の所業であります。

原告の方たちは、教祖の俗物ぶりに幻滅して退会した訳ですから、その意味でも三輪清浄は成立しません。

全額返したりーや!

コメントの投稿

非公開コメント