スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信者数の話(続き)

信者数の話ですが、1000万人どころか、150万人ですらブラフだったと思います。

当時、私は支部青年部長をしており、毎日伝道数を連絡しなければなりませんでしたが、1991年6月末の段階で「100万人なんて絶対無理だろ?」と思っていました。

だから生誕祭当日に150万人突破と聞いた時には、我が耳を疑いました。

きっと大川隆法の前で、目標未達など有り得なかったのだと思います。
そんな報告をすれば、幹部連中も降格、左遷、還俗させられてしまいますから、みな自己保身に走ったのでしょう。

ブラフと言うのが言い過ぎだとしても、前の記事に書いた通り、義理で誌友会員になった人や名義だけの人が大多数だったと思います。

例えば、4人家族がいたとします。

奥さんは熱心な会員です。
この人が、旦那と子供二人を誌友会員にすれば、これで三人伝道したことになります。

誌友会員と言っても、名前だけです。
こんなことはザラでした。

私も伝道数を上げるために、何度この手を使おうかと思ったことか。
でも、こんなことをしたって何にもならないことは分かってましたから、やらなくて本当に良かったと思います。

初めからおかしな団体だったんですよ。
何でもっと早く辞めなかったんだろうな。

いや、何で入会しちゃったのかな、か…。

コメントの投稿

非公開コメント

冷静に考えればわかるのですよね。

お久しぶりです。
そうなんですよね。よく考えてみれば
わかることなんですよね。

でも、洗脳されてると、普通なら
「あれ?おかしいぞ?」と疑問に思う
事も、「総裁が言ってるんだから正しい
んだ!」と、何の疑問も持たずに信じて
しまう。

私も当時は大川が“本物”だと信じて疑わ
なかったので、現実の信者数が少なかろうが、
「でも実は、隠れ信者が一杯いるんだ!」と
自分の都合の良いように解釈しちゃってました…。

本当に洗脳って恐ろしいですよね。
穴があったら入りたい…。黒歴史だ。

Re: 冷静に考えればわかるのですよね。

お元気でしたか?

「おかしい」
「でも…」

これの繰り返しで、結論を先延ばしにしていました。

入会してすぐに「なんか思ってたのと違う」と思ったんですが、その感覚を大事にすれば良かったなと。
未熟だったんですね。

150万もいたら、もっと普通にまわりにいるはずなんですが、信者さんにはほとんど遭遇したことがありません。
もし各々が隠してるんなら、尚のこと胡散臭い宗教としか(笑)

入会(入信)された当初は、皆さん、この団体のは宗教というより自己啓発系サークルに入会するような感覚だったかもしれませんね。
今は完全に、イミフな選民意識が異様に高い、政治団体気取りのオカルトおたくの集まりに見えます。

Re: タイトルなし

学会員の家は分かり易いですよね。公明党のポスターが貼ってあるし。
降伏のポスターが民家に貼ってあるのは見かけないもんなぁ。

最初は宗教法人ではなかったんですよ。
だから入会したと言うのもあるし、他にもそう言う人がいました。
かと言って、自己啓発と言うのとも違うんですよね。
私は世直しの一環だと思っていたので。

前にも書きましたけど、これでも初期の頃は知的な雰囲気があったんですよ。
電波な人もいなかったし。
何を言っても信じて貰えないでしょうが(笑)

入会させなくてよかったわぁ~

実は俺、一度だけある人を支部精舎に誘ったことがあるよ!!!この話は俺が千葉北部支部精舎に所属していた頃、ある人を支部精舎に誘ったんだ。そのある人とは職場の女性社員であの世(霊界)に関心があり、しかも霊視体験までしていた。俺は軽い気持ちで彼女を支部精舎に誘った。結局彼女は幸福の科学の信者にはならなかったけどね!!!もし、俺が強い口調で彼女を強引に入信させていたら、彼女の人生は破滅していただろうし、俺は一生彼女に恨まれたかもしれない。本当に入信させなくよかったわぁ~改めて洗脳ってホンマに恐ろしいと思ったわぁ~

Re: 入会させなくてよかったわぁ~

それは本当に良かった。
もし信者になってしまったら、ずっと後悔することになるからね。

その人も、これは胡散臭いと思ったんじゃない?
何にしても良かった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。