スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公称信者数に関して(2ちゃんねるの使者さんへ)

2ちゃんねるの使者さんから、このような質問を頂きました。

今日はアンチブロガーの皆はんにお聞きしたいコトがおまして、
定型文の質問を送らさしてもらいました。


わてのブログの「質問コーナー」に、あけみはんゆう方から質問があったんだす。
「(信者は)公称1000万人説を本気で信じている信者さんなんているんですか?」
ゆう内容だす。
http://sanpole.blog.fc2.com/blog-entry-295.html#comment2704

わて、このご質問、かなりカルト問題の核心を突いとるテ思うんだす。
要するに「明々白々のウソを聞かされても、なぜカルト被害者は疑わないのか?」
ゆう疑問だす。

「コーフクを潰して女房の洗脳を解く」のがわての目的でんが、
「人はなぜカルトにハマるのか?」も、わての関心事なんですわ。
「大川隆法に関係なく私たちは幸せになりましょう!」がスローガンですさかい、
この問題はわてにとって避けて通れない分野なんですわ。

アンチブロガーの皆はんは「信者数1000万人」なんて信じんかった思いまんが、
その辺の疑問をどないして自分をナットクさせたか教えてもらえまへんですやろか?


ちなみに現役信者はんらにもヤフー智慧袋で質問しとります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12141929867
答えが返って来るかどおかは興味津々ゆうトコでんなあ。

質問に書いたとおり、「信者数1100万人」のハナシを聞いた時のわての心境は、
「C.実感として10万~20万人くらいだと思うが、
 初選挙で勝つためにわざとトンデモナイ数字をブチ上げた、
 大川先生の戦略だと思う」
やったんですわ。



信者数が1000万人を超えたと言いだしたのは、90年代後半のことだったでしょうか。
創価学会を抜いて、国内ナンバー1になったと吹聴していた記憶があります。


その前に、以前も書いたことですが、1991年の生誕祭に向けて100万人の会員を集める為に、大伝道が始まります。生誕祭当日に150万人超えが発表され、何とか教祖や幹部の面目は保たれました。

けれども、その手法や内容に関しては疑問が残りました。
当時は「誌友会員」と「正会員」の二制度があって、大伝道によって増加したのは、ほとんどが前者だったはずです。

「会費は私が出すから、月刊誌を取ってくれない?」
こんな感じで勧誘され、「本だけなら良いか」なんて、軽い気持ちでOKしてしまった人が多いはずです。本人は信者になった覚えはないのに、実際は会員に登録されてしまう訳です。

これなどはまだ良い方で、本人に何の断りも無く、会員扱いになっている人はたくさんいるはずです。

「20世紀中に日本国民全員を幸福の科学の会員にしてみせる」なんて、教祖が豪語してしまった為か、この様な強引な勧誘は加速してしまいます。

実際は亡くなったり、退会する人もいる訳で、会員数なんて増えたり減ったりするのが普通だと思いますが、教祖にそんな報告をすれば、職員の首なんて飛んでしまうので、耳触りの良い報告だけが教祖の耳に入る訳です。

そして数字だけが一人歩きを始めてしまったんでしょう。

まぁ、そんな流れでの1000万人越えですから、私は白けていました。
支部に出てくるのは、いつも同じ人ばかりでしたし、「何でこんな背伸びをするんだろう」なんて思っていました。


さて、主題の「明々白々のウソを聞かされても、なぜカルト被害者は疑わないのか?」ですが、こんな感じではないでしょうか。

「我々は救世活動をしている」
「世界が闇に沈もうとしている時に、そんな些末なことに拘っている暇はないのである」
「人を救う為には、時に方便も必要なのだ」

長くなるので割愛しますが、こういった考えの行きつく先は、VXガスやサリンを撒いたりすることと、大した違いはないことになると思います。


さてさて、Yahoo!知恵袋ですが、やっぱりと言った感じですかねぇ。

幸福の科学信者は「信者数1200万人」という数字をどう受け止めているのか?

「公称信者数に関して、自分はどう思うか?」と質問しているのに、まともに答えようとしませんね。読解力が無いのか、都合の悪いことははぐらかそうとしているのか、まぁ、その両方だと思いますけど。

2ちゃんねる常連のルチアと言う人も同じ傾向にありますが、聞かれたことには答えようとせず、屁理屈や自説を繰り返すばかり。まともな会話が成立しないと言うか、しようともしていないと言うか。

いつも疑問に思う事ですが、この人たちは職場や地域で一体どんな暮らしを送っているんでしょうかねぇ。神がどうとか、霊がどうとか言う前に、人としてどうなのよ?と思ってしまいますけれども。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。