人質を見殺しにした地球最高神(自称)

「我はこの地球の、最高の権限を握りたる者である!」

1991年に東京ドームで開催された、第一回生誕祭で大川隆法はこう豪語した。


地球最高神よ、貴方に問う。

何故に、その権限を行使しなかったのか、と。

なぜ湯川さんや、後藤さんを見殺しにしたのか。

日本中で、いや世界中の人々が、人質の解放を祈る中、なぜ愚にもつかない女性タレントの霊言などに興じていたのか。


信者の皆さん、よくよく考えて頂きたい。

これが現実である。

現実から目をそらすな。

括目せよ!


最後に。
湯川遥菜さん、後藤健二さん両名のご冥福をお祈りいたします。

コメントの投稿

非公開コメント