fc2ブログ

チャリティーコンサートに行って思ったこと

地元の教会が主催するチャリティーコンサートを聴きに行った。その教会に興味があった訳ではなく純粋に音楽を聴きに。バイオリンとピアノという構成だったのだけど、お二人とも音楽の才能を持っていても壁にぶち当たったりして聖書の言葉に救われたのだとか。

宗教に何を求めるのか、何をきっかけにそれに触れるのかは人それぞれだろうと思う。自分の場合はどうなんだろう。例えばたまに教会に足を運んだり宗教心を持つのはともかく、特定の団体に所属するのはもうこりごりだというのが現在の正直な気持ちだろうか。

幸福の科学をはじめとする邪教の存在はなんて罪作りなんだろうと改めて思った。


コメントの投稿

非公開コメント