なぜ事前に警告を発しないのか?

このたびの九州地方の地震で被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
頻発する余震が、一刻も早く収束することを願っています。

さて、自称・再誕の仏陀が『熊本震度7の神意と警告』と称して、公開霊言を行ったようです。

毎回思うことですが、どうして事が起きる前に警告を発してくださらないのでしょうか?
再誕の仏陀であり、至高神であるはずなのに、なぜそうなさらないのか本当に不思議でなりません。

それから幸福実現党が義援金を募っていますが、当然この書籍の売り上げも全額寄付するのでしょうね?

壮大なギャグかと思ったそうです

普通はそう思いますよね。
え、何のことかって?

いや『手塚治虫の霊言』への手塚先生の娘さんのツイートが拡散されてるんですけど。
手塚先生の言いぶりとは思えないのオンパレードだそうです。

それから幸福の科学による写真や画像の無断使用についても語られています。
やっぱりねー。

他のタレントや政治家などの霊言に関しても推して知るべしと言ったところでしょう。

その後、これらのツイートに対して、教団から圧力が掛かったそうですよ。
盗人猛々しいとは彼らの為にある言葉だと思いますね。

一つ解せないのは、霊言の収録自体はだいぶ前に行われたもののようなのに、なぜ今になって書籍にしたのか?と言うことです。

ネタ切れか?

漫画家繋がりで言うと、石ノ森先生とか、藤子・F・不二雄先生とか、止めとけよな。

ま、『手塚治虫の霊言』が、アマゾンとかブックオフに100円以下で出品されていたら、その時は買って読んでやんよ(笑)